FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浴衣でアニメイトもリブレットも らしんばん も制覇してやった。
どうだ(いばることではない)
明らかに浮いていた(ような気がする)が、私はあんまり気にせず闊歩してみました。
ある意味浴衣って日本文化公式のコスプレ。

今日、帰りに本屋さんによって、なんだか無性に犬の本が読みたくなって買ってみました。

跪いて、永遠の愛を誓う。 跪いて、永遠の愛を誓う。
夜光 花 (2006/07/22)
竹書房

この商品の詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
日常はつまらないことばかりで、何もかもが億劫だ…。橘グループの御曹司、雄太はその恵まれた環境に甘え、毎日を好き放題に遊び回っていた。そんな雄太を連れ戻しに来るのが父の秘書、古家孝彰。雄太は、冷たくいつも取り澄ましているこの男が大嫌いだった。2人は従兄弟だが、孝彰が同性愛者だと知った時から、雄太は孝彰を避けるようになった。同じような、家が金持ちの連中と粗悪な遊びを行い、ついに最悪な事件を起こしてしまう…。追い詰められた雄太を救えるのは結局孝彰だけだった。だが孝彰は事件を隠蔽する代わりに雄太にとって最も屈辱的な要求をしてくる…。衝突する激情と異常なまでの執着心。愛と下剋上の物語。


犬…!(最早、間違った解釈)
先日レビューした「犬ほど素敵な商売はない」がやたらと気に入っていたため、同じような系統の小説を選んでみました。
まあぶっちゃけ、落ちは見え見えなかんじでしたが、まあいっか。
エロ最高!!!ひゃっほう!!!
下克上って、どうしてこうも甘美な響きなのでしょうね…(うっとり)
久しぶりに初めて買う作家さんの小説を読みましたが、面白かったです。
ぶっちゃけジャケ買い(危険行為)だったのですが、面白かったです。
まあちょっと、説明文とか飛ばしたくなる系でしたが、愛さえあれば…エロさえあればいいんだよ…(コラ)

せっかくBL本を片して少なくしたって言うのに、また増えつつあります。
何故だろう。。。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
犬ほど素敵な商売はない 犬ほど素敵な商売はない
榎田 尤利 (2006/06/26)
大洋図書

この商品の詳細を見る

出版社/著者からの内容紹介
悪い子だ。発情してしまったのか?
自覚のあるろくでなし・三浦倖夫は、うだるように暑い夏のある日、会員制のデートクラブ「Pet Lovers」から「犬」として、寡黙で美しい男・轡田の屋敷に派遣される。そこで倖夫を待っていたのは厳格な主人轡田の厳しい躾の日々だった。人でありながら犬扱いされることへの屈辱と羞恥。そして、身体の奥底に感じる正体不明の熱・・・次第に深みにはまっていくふたりだったが!?

立て続けにれびう。
疾風のレビューはレビューじゃn(ry

犬はいいよ。犬は。
まあ、私はどっちかっていうと猫派なんだけど、この小説に出てくる犬はいいよ。こんな犬なら私も飼いたい。はぁはぁ。
最初「犬」って聞いて、SMの小説なのかと思った。
まあ、それもありかなと思いつつ(ぇ)買ってみたら全然違いました。
でもやっぱり、主従関係っていうのはいいよね、うん。
(今「主従」って打ったつもりだったのに、変換したら「手術」になってた。職業病…)
ていうかさぁ、この煽り文がいいよねぇ。
悪い子だ。発情してしまったのか?
よだれが出るに決まってるじゃないかあああああああ。

この台詞をイザアスで再現したら…
・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・( ゚д゚)ハッ!
だめだ、萌えが臨界点に到達してしまいそうだ。。。
まあ、ご主人様イザでも、飼い犬イザでもどっちでもありだよね(一人納得)
執事の特権 執事の特権
榎田 尤利 (2006/01/26)
大洋図書

この商品の詳細を見る

出版社/著者からの内容紹介
★三百六十五日、旦那さま、あなたのおそばに!!★
潔癖症で人間嫌いで毒舌家で我侭で気分屋、おまけに独りよがりで神経質。でも、眠っている分にはさながら美貌の貴公子のようであり、特別秘書兼執事候補である原田仁の主、乃木坂乙矢だ。執事と旦那様の前途多難な恋物語。

れびうなんてかくの久しぶりですね。
まあ基本的に、疾風のレビューはレビューじゃないですけども。笑

そういえば以前ミサミサが執事萌えしてたな~と思っていたら、榎田さんの新刊が執事じゃないですか。
ということで買ってみた。
こういうまどろっこしい話…好きだなぁ。
話もしっかりしてて、ちゃんと最後はエロっていうのが私は一番好きかもしれない。
水戸黄門方式っていうの?笑
色々あったけど、最後はちゃんとハッピーエンド♪(私の中で言うハッピーエンド=エロ)っていうのがいいよね。
感動するしさ~。特に榎田さんの話は持って行き方が上手いんだよね~。
種にはまり始めてからあんまり小説買わなくなったんだけど、小説熱浮上かも。むふむふ。

幸紀が貸してくれたので聞いておりますが…。

イザークが発する乙女オーラに、私の心は陥落寸前★

ダメだ…最近お前にやられっぱなしだよ…。
ツンデレ好きの私としては、もうなんか、ダメです。
やられそうです。ていうか、いっそ犯ってしまいたい(ヲイコラ)

ガンダムにはハマるもんか!
と抵抗していたあの頃が懐かしいですね…。
まんまとハマってる私がいますが何か?
しかも幸紀の思惑(?)に反してイザークにハマってますが何か?
それとも幸紀としてはわかりきった結果だったのでしょうか…。

でもこれから種運命を見ていくと、趣向が変わるかも…。
だって…なんか種運命のアスランは受け臭いよ?(ぇ)
まだ2話までしか見てないけど、確かに押し倒したい気持ちがわかるよ?(ぇえ?)
でも今のところ、ステラとアウルにときめいたかなv
アウルは普通に好き。可愛いv
ステラは二重人格っぽいところが好き。
(基本的に性格破綻しているキャラがストライクゾーン)

( ´ー`)フゥー
これから楽しみじゃわいなv

ドラマCD 王子さまLv1
ドラマCD 王子さまLv1 BL盤

王子さまLv1のCDドラマの白鳳って石田さんだったんだ!
知らなかった!フォウ!
王子さまシリーズの中で、最強、かつ男喰いNo.1の白鳳!
私は、一番好きです。らぶです。愛してます(コラ)
哀愁漂う感じも、弟思いなところも、全部ひっくるめて大好きです。

*
昔妹の友達に借りていたモノなので、現物は手元にありません。
んで。
幸紀に聞かせてやろうと思って色々探した結果…。

あった!ぴぎゃ!

妹がMDに落としていたやつがやった!
久しぶりに聞いたら、ちょっと笑えた(ぇ)

攻め攻めな姿勢は絶対崩さない白鳳ですが、
逝く瞬間に素に戻るのがイイッ…

しかもこのCD、白鳳はリバなのでお得ですよね。
 親分×白鳳(小杉十郎太×石田彰)
 白鳳×セレスト(石田彰×千葉進歩)

ジュルッ…。
私としては、王道CP(セレスト×カナン)よりも、
白鳳を混ぜ混ぜしたCPの方が好きです。
でも、基本的に…セレストは受けが好きです。
白鳳は受けでも攻めでも( ゚Д゚)ウマー
FFⅦアドベント・チルドレン見ました!
すごいうざいレビューを書きました。

**注意**
激しくネタバレが含まれる上に、DVDを数回見た人でないとわけわかめだと思います。


あと、疾風はティファ派なので、そこんとこよろしくです。

... 続きを読む
4086148315ヴェネチアに星降る
あくた むらさき

集英社 2001-03
売り上げランキング : 130,240
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


**内容**
ヴェネチアに暮らす美貌の青年医師ジャック。父親のジョヴァンニが病気の犬や猫を拾ってくるのが悩みの種だ。ところがある日、ジョヴァンニが連れて帰ってきたのは…なんと人間。金色の巻き毛の少年ミケーレだった!熱を出したミケーレに薬を処方したジャック。しかしミケーレは飲まずに捨ててしまう。その理由をジャックが問いただすと…!?中世イタリアで花咲くボーイズ・ロマン



**感想**
この本は、妹が友人から押し付けられたものらしく、私が譲り受けました。
っていうか、この表紙、どう見てもショタですね…。
私は雑食なのでなんでも読みますよ。
ちなみに妹はショタは嫌いなので、当然の流れで私にたどり着きました
(妹は、ショタを見ると居た堪れない気分になるらしい)

感想。ああ、感想でした。
えっと…途中つまらなかったので飛ばし読みしてエロだけ読んだのですが(ぇ)
なんか、読みづらい;;
この主人公:ミケーレの日記中心に話は進むのですが、子どもなのでひらがなが多くて読みづらい。
無駄な文章が多くて読みづらい。
そして、感情移入しにくい…。
んー…BLにありがちな、「いつのまにか大切な人になっていた」的な展開ですよね、ええ。

とりあえず、挿絵が唯月一さんなので、そこはよかったかな。


4063143422おおきく振りかぶって (1)
ひぐち アサ

講談社 2004-03-23
売り上げランキング : 667
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ああ、青春ってこういうものなのね。
そう言わずにはいられなかった。
そして、久しぶりに野球漫画に触れ合って萌えた。
この漫画の基本CPはバッテリーの二人であろうが、私は、
田島×三橋、いや寧ろ、泉×浜田(浜田×泉でも可)をプッシュします。
泉が好きです。
もっと泉の出番が増えたらいい。

さて、「おおきく振りかぶって」の感想ですが。
最近のスポーツ漫画にありがちな、
「有り得ねーー!」っていうわけでもなく、
それでいて現実的でもなく、
良い具合な世界観で私は好きです。
この漫画を読んで、甲子園を眺めると見る目が変わるかも。
(腐女子ビジョン50%増/当社比)



それにしても、野球漫画を読んだのは本当に久しぶりだ。
もしかしたら、門地かおり先生の漫画ぶりかもしれない。
(タイトルは忘れてしまった…売ってしまったので。
 門地先生の漫画は好きです。たまに無性に読みたくなります。
 ヱロくて、痛くて、抉られる感じが仕様も無く好きです。)

4048538756月は闇夜に隠るが如く
中村 春菊

角川書店 2005-08-01
売り上げランキング : 163

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



中村春菊氏の漫画はとりあえず全部買うことにしているので、買ってきました。
最近出ている本はほとんどが再販なので、絵柄でどのくらい前の作品化判断することが出来ます。
これは…丁度、東山道とロマンチカの中間くらいでしょうか。
私としては、表題作の「月は闇夜に隠るが如く」よりも、
「阿蘭陀カステラジャパネスカ」の方が好みです(ヱロいし

どうも、私は侍(特に髪型)に萌えないようだ。
むぅ。
髪はやっぱりサラサラじゃないと…!(力説)

「阿蘭陀カステラジャパネスカ」の環が、
可愛いくて幼いヒロさん(純情エゴイスト)のようでかなりツボ。
4415087914夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉
榎田 尤利

光風社出版 2000-06
売り上げランキング : 2,511
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レビュー第一回目です。
やはり、一回目ということで、魚住くんを無視するわけにはいきません。

魚住くんシリーズは、BL小説としては異色な作品といえます。
あまりにも完成度が高くて、BL小説であることを忘れてしまいそうなくらい凄く心に響きます。
BL小説にしては展開が遅く、ちょっとじれったいけど、
自然な流れが心地よいです。

それから、女の子が生き生きしています。
脇役がキラリと光ります。
登場人物の誰をとっても、本当に身近に感じられて、
自分の友達であるかのような、
街角でふと見かけた人であるかのような、
そんな錯覚にとらわれます。

こんなに、登場人物が等身大で息をしている小説を、
私はかつて、そして今現在も読んだ事がありません。
この本を読んだ時、私は
「もっと早く出会っていたかった!」と思う反面、
「もっと後に知るべきだった」と思いました。
なぜならこの本を知ってしまったら、
他のどの本を見ても、満足しないような気がするのです。
私は今でもこの本を超えた!と思える本を探していますが、
未だ見つかりません。

魚住くんシリーズは全5巻です。
中には痛々しい場面が出てきます。
それでも最後に読み終わった時は、一緒に幸せな気持ちになれる物語です。
是非ご一読ください。
1巻を読めば、その世界に吸い込まれますよ、きっと。


私ももっと頑張って小説書こう…うん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。